診療科の選択|手術を行なうことで尿漏れの根本治療をしたい
ドクター

手術を行なうことで尿漏れの根本治療をしたい

診療科の選択

医師と患者

ある日突然、またはふとしたことから性器にかゆみが起きたり痛みが発生したりすることがあるかも知れません。それはいわゆる性病の可能性があります。性病とは、梅毒やHIVに代表されるように性行為によって発症する病気です。もしもそういう疑うべき症状が出た場合には、男性であれば泌尿器科へ、女性であれば産婦人科へ足を運ぶことで診察が行なわれます。まずは診察を行ない、その結果、性病についての検査が必要であると判断された時には適切な検査を受けることになります。検査の結果で、体内を脅かす梅毒やクラミジアといった様々な性病が明るみに出るのです。
一方で、症状が出ていない状況で念のために検査を行ないたいという要望についても、産婦人科と泌尿器科が同様に対応してくれます。また、病院によっては性病に特化した診療科を備えていることもあります。そういった病院が近くにあれば利用してみても良いでしょう。
通常、皮膚に異常が出たら皮膚科で診察を受けられるかも知れません。また、お腹の調子が悪いということであれば内科での診察を受けるでしょう。しかし、もしご自身の中に梅毒などの性病に関する疑いがあるなら、その胸を伝えるようにしましょう。そこから検査へと発展していくことになります。
また、性行為によって症状が明るみに出た場合は、可能であればパートナーと一緒に病院へ行った方が良いでしょう。何故なら、ご自身に症状が出たのであれば、そのパートナーも同様に症状がある可能性が高いためです。性病には梅毒やクラミジアなどの様々なものがありますが、中には発症に男女差があるものも存在します。従って、一方には症状があらわれたもののもう一方には症状があらわれていないという状況もあり得るのです。適切な診療を受けるようにしていきましょう。