潜伏期間|手術を行なうことで尿漏れの根本治療をしたい
ドクター

手術を行なうことで尿漏れの根本治療をしたい

潜伏期間

ナース

性病には、それぞれ潜伏期間というものがあり、場合によっては自らが性病にかかっていると気付かないこともあります。気付きさえすれば、埼玉や全国の泌尿器科で検査を受け、適切な治療を施すことが可能です。しかし、本人が気付かなければ必然的に埼玉や全国の泌尿器科に足を運ぶこともないので、性病にかかっていることが分からないのです。また、性病の厄介な点として、人によっては感染後も発症に至らないという場合があることです。発症しなくても感染している場合は症状があらわれないという点から安心してしまいがちですが、そういった場合は体内に菌が潜伏している状況なのです。疑いのある場合には例え症状がなくても埼玉や全国の泌尿器科で診察を受けておく方が無難であるといえるでしょう。
では、性病ごとのおおよその潜伏期間を見てみましょう。まずはHIVですが、これは数年間の潜伏期間があるといわれています。長期に渡って潜伏し、免疫力の低下とともに次第に発症していくというような特徴があります。他に数年の潜伏期間があるものとしては子宮頸がんというものがあります。感染すると、およそ1パーセントの確率でがんの発症に繋がってしまうというものです。
逆に潜伏期間が短いものとしては、淋病や性器ヘルペスといったものがあり、これは早ければ2日で長くて7日から10日とされています。同様に10日ほどかかるものとしてトリコモナスが挙げられますが、この性病は女性に症状が出づらいという特徴があります。
性病ごとに潜伏期間はバラバラです。ここで取り上げた性病以外にも様々な性病があり、それぞれ潜伏期間はまちまちです。個人でピンポイントに発症のタイミングを押さえることは難しいので、検査を受ける前に埼玉の泌尿器科へ対策の相談をしてみるのもひとつの手段でしょう。