医師たち

手術を行なうことで尿漏れの根本治療をしたい

診療科の選択

医師と患者

梅毒やHIVといった様々な性病は、普段の生活では気付きづらい分対処が困難となります。適切な治療を受けなければなりませんが、それにはどの診療科を利用すれば良いのでしょうか。

More...

診断結果が出るまで

病院

性病が疑われる場合、新宿や全国の泌尿器科で適切な検査を受けることになります。そして、検査の結果が出てから治療を行なうという流れになります。では、その結果はどれくらいの期間で出るものなのでしょう。

More...

潜伏期間

ナース

埼玉の泌尿器科で検査と治療ができる様々な性病ですが、治療に至るには病気に対する本人の気付きが必要となってきます。しかし、性病の中には本人が気付くまで時間を要するものもあるのです。

More...

最新の手術

医者とナース

尿漏れの影響で、自分のやりたいことが制限されてはいないでしょうか。例えば、旅行に行ったりスポーツをしたり、といったようなことができなくなってしまうのが尿漏れです。しかし、尿漏れに対しては適切な治療を施すことで完治させることができます。診療科に行くのは気が重いかも知れませんが、抱え込まずに治療を受けることで、それ以降の生活が豊かになることでしょう。
尿漏れの治療には様々なものがあり、筋力強化で改善を図る方法と、投薬治療、そして手術があります。ここでは特に効果的なものとして、手術による治療について取り上げます。尿漏れの病名は腹圧性尿疾患といわれており、この病気に適切な手術がTVT手術というものです。TVT手術は尿道と膣の間にテープをU字型に通すという手術方法です。このTVT手術が腹圧性尿失禁への効果が高い手術として認知されてきましたが、近年、それをさらに改良したTOT手術というものが登場してきました。
TOT手術は、テープを通す経路がTVTと異なるのが特徴です。TVT手術がU字型にテープを通すのに対して、TOT手術はテープをV字型に通すものになっています。その結果、TVT手術の際にリスクとなっていた大血管や腸を傷つけるという被害を抑えることに成功しているのです。また、排尿困難にもなりにくくなっています。TVT手術から安全性を更に高めたのがTOT手術なのです。
尿漏れの症状が軽い場合には筋力増強や投薬による治療も有効ですが、症状が重い場合には手術をすることで解決を図った方が良い状況もあるでしょう。クリニックにてどの対処が現在の状況に最も効果的か相談してみると良いでしょう。